FC2ブログ

Giraffe Sky Web Log

DTM関係のNEWSをピックアップします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dfh EZplayer

EZ drummerやDFHで有名なToontrackから、フリーのツールが公開されました。
http://www.toontrack.com/ezplayer_free.asp

ドラム向けの、MIDIパターンのプレイヤーのようです。
プラグインとして、MIDIファイルの再生をしてくれるので、その後ろにドラム音源をつなげば、ドラムを演奏できる、という感じのようです。

製品版も出る予定のようですが、フリー版はありがたいです。
・・・勢いのある会社は良いですな。
EZplayer.jpg

スポンサーサイト

Extreme Sample Converter Ver.3

サンプラーのフォーマットコンバータツール、Extreme Sample ConverterがVer.3にバージョンアップしました。
http://www.extranslator.com/

新規サポートは、Halion3やKONTAKT2などのメジャーフォーマットから、MANYSTATIONやWUSKISTATIONなど、誰が知ってるんだこれというようなシェアウェアのフォーマットまで。
ここまで来ると世界中のフォーマットを制覇してやるという執念を感じさせる出来です。

今回は、VSTiをサンプラーフォーマットに落とすという機能も追加。重量級シンセをサンプリングしてsfzのような軽量サンプラーで使うという方法も行けそうです。
esc3.gif

VB-AUDIO FFX-4

こんにちは。今日は久しぶりにトラックバックさせていただきます。

僕の使っているCakewalk SONARというソフトは、エフェクトプラグインはDirectXエフェクトが標準で、VSTエフェクトは、ソフトに付属のVSTアダプターを使って使用できるようになっています。

そのために気がついていなかったのですが、逆に、DirectXエフェクトをVSTに変換するアダプタというものも存在するようです。
http://www.vb-audio.com/

VB-AUDIOのFFX-4というフリーウェア。 (FFX-16というのがフル版で、それの機能限定版ですね)
DirectXエフェクトでしか存在しないエフェクトというのも世の中少ないのですが・・^o^;;
使えれば、便利なこともありますね。
ffx4.gif

SynthMaker

VSTプラグインを作るツールとしては、Syntheditが有名なのですが、もうひとつの選択として出てきたのが、Synthmakerです。
もうすぐVer1.0(製品版)がリリースの模様で、現在は30日間使用可能なβ版が公開されています。
http://www.synthmaker.com/index.html

Syntheditにくらべて、洗練されたGUIが魅力的ですね。Syntheditで作られたシンセって、GUIがおもちゃみたいなものが多いんで。これから良いソフトに育って欲しいなあ。
20051127104958.png

Merodyne Uno

Melodyneは、ボーカルなどのオーディオトラックの、ピッチ(音程)を補正するソフトです。
MIDIのピアノロールのような画面にオーディオトラックの音程が表示され、マウスでドラッグして音程を調整できる、という使い勝手のよさが、画期的なソフトです。一昔前はこの手のソフトの定番はAuto Tuneというソフトだったのですが、最近は取って代わったようです。

最近発売されたMerodyne Unoは、Merodyneの一トラック版で、1トラックのみ編集できます。アマチュアのボーカル補正用などに過不足ない、という感じでしょうか。
http://www.hookup.co.jp/software/melodyne/uno.html

Rewire接続でDAWと接続しての使用も可能。一万円にならないかなぁ、これ。
melo_protools.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。